アニマル・コミュニケーションとは


 アニマル・コミュニケーションとはテレパシーを用いた非言語のコミュニケーション方法のことを言います。

テレパシーというと、超能力のような特殊な能力を思いがちですが、潜在意識において誰にでもできるコミュニケーション方法です。

 

古来より人間には精神感応や思念伝達をするテレパシー能力が備わっていますが、現代のように言語やボディ・ランゲージなどによる表面的なコミュニケーションが当たり前の世の中では、テレパシーのような非言語のコミュニケーション能力は不必要と判断され、無意識下に押しやられている人がほとんどです。

 

潜在意識の中に押しやられているテレパシー能力をもう一度引き出す練習をすれば、誰にでも使えるので、アニマル・コミュニケーションも同様に練習次第でできるようになります。

 

とはいえ、大概の人は「動物と喋れるわけがない」とか「動物に人間の言葉がわかるわけない」などの『固定概念』という高い壁があるので、まずはその固定概念を取り去ることが大事です。頭と心をクリアにし、感情や意思の送受信能力を鍛え、動物の意識や潜在意識にアクセスしていくためのトレーニングをすれば、異種動物間でできるテレパシーによるコミュニケーションは、動物と人間の間でも当然可能です。

 

私が使っている方法は、世界で活躍しているアニマル・コミュニケーターが使っているごく一般的な方法によるものです。

 

この方法を用いることにより、動物との感情的・感覚的・視覚的、時には言葉による意思疎通が可能となります。

 

大概の動物には人間と同じように『喜怒哀楽』があり、人間のそばで暮らすペットに至っては思考能力が高く、情緒豊かな動物が多いです。

 

毎日深い愛情を注ぎ、共に暮らす飼い主さんの中には普通にコミュニケーションが取れている方もいますが、中には彼らが抱いている感情や思考は飼い主さんが思いもよらないこともあるのです。

伝わらないはずの心の声を聞き、愛する飼い主さんに伝わった時の彼らの喜びは言葉では言い表すことができません。

 

またペットは飼い主の鏡と言いますが、動物が起こす物事や体調の変化は飼い主さんを反映していることもあるので、自分を知るいい機会かもしれません。

 

ペットである彼らの気持ちを知り、お互いに理解を深めることにより、愛と絆はより深まり日々の生活がより深みのある幸せなものになります。

実際に、動物と話ができることがわかると、動物の感情やボディランゲージにより一層集中するようになるので、トレーニングをしていなくても理解力は格段にアップします。

 

飼い主さんとペットとのQOL(クオリティ・オブ・ライフ)のために、アニマル・コミュニケーションをぜひ一度試してみてください。

動物と話すということ


ペットがじっとこちらを見ているとき、何か伝えたいことがあるのかな?と思ったことはありませんか?

この子はうちに来て幸せかしら?

イタズラをしたペットを叱ると、目で訴えかけてきたことはありませんか?

彼らに聞いてみたいと思ったことはありませんか?

 

それならぜひ聞いてあげてください。

動物には人間と同じように喜怒哀楽の感情があります。思考も思想もあります。

彼らにだって伝えたい思いもあるのです。

また、問題行動には必ず身体的・精神的な原因があります。

むやみに叱ったり矯正したりしようとすれば、必ずどこかにひずみが出てきます。

根本的な問題解決のためには、原因を突き止めペットと飼い主または家族が双方に納得する解決が必要です。

彼らを理解するうえでアニマル・コミュニケーションはとても有効です。

 

虹の橋を渡って逝ってしまったあの子は幸せだったろうか?

もっと○○して欲しかったんじゃないか?

永遠に聞けない答えを求めて胸が張り裂けそうになっていませんか?

 

そんな時には、逝ってしまったあの子からのメッセージを聞いてください。

心の底に渦巻く罪悪感や後悔は必要ありません。

虹の橋を渡っても、あの子はずっとずっとそばにいる・・・

それがわかれば悲しい思い出が、愛に溢れたあの子との幸せな日々に変わっていくきっかけになるかもしれません。

アニマル・コミュニケーションでできること、できないこと。


【できること】


◆動物の気持ちや状況を知ること。

◆動物が問題行動と思われる行動(咬む、無駄吠え、粗相、喧嘩など)の原因を知ることにより、改善する方法を探る。

◆身体の状態を知ること。(アニマル・コミュニケーションは医療行為ではないため、具体的な医療に関わるような発言や行動はできません。)

◆亡くなった動物とのコミュニケーション。


【できないこと】


◆医療に関わる行為。

◆問題行動に対して言い聞かせるだけで改善すること。時々、『~をしないように言ってください』と言われることがありますが、アニマル・コミュニケーターは基本的に通訳であるため、問題行動の改善には飼い主さんと動物による妥協点を探してもらいます。



※基本的に問題行動の内容によっては、しかるべき機関(トレーナーや獣医師等)をご案内させていただく場合もあります。