≫ ペットが亡くなった時は・・・

愛する家族である動物が亡くなった時には、どうしていいかわからないことも多いと思いますので、こちらに対処の流れを記載させていただきます。

参考にいしていただければ幸いです。

 

1. 動物の火葬場に予約を取る。

 

⇒まずは火葬炉の空き状況を確認するためにも予約を取りましょう。

ペット霊園や、市営の斎場でも動物の火葬を行っているところもありますので、お好きなところで大丈夫です。

 

2. 動物の身体を清め、安置します。

 

⇒亡くなった動物の身体を綺麗に拭いてあげ、清めてからガーゼやタオルに巻いたドライアイス、または保冷剤を首元・脇・股に挟んで、なるべく温度の低い部屋に安置します。

※ 冬場なら常温で大丈夫ですが、夏場はエアコンを低めに設定した部屋に安置することをおすすめします。

 

3・ お別れの準備をします。

 

基本的に、ペット霊園でも斎場でも棺となるダンボールや紙類は火葬できないところが多いです。

なので、棺は動物が入る大きさのものに、愛用の毛布やタオルケットなどがあればそれをひいて用意してあげれば十分です。

好きだったおやつやフードを一緒に入れたい場合、火葬の直前までは好きにお供えしてあげて大丈夫ですが、火葬の時にはおやつを出して顔のそばに少し置いてあげるのがいいでしょう。

愛用の首輪なども一緒に火葬したいと申し出る飼い主様がおられますが、火葬時に遺骨にくっついたり燃え残ったりするので、火葬場によっては火葬できない場合があります。

首輪やペットが最後まで身に着けていたものは、火葬した後に形見に取っておけばよかったと後悔される方もいるので、思い出の品として取っておくことをお勧めします。

 

あとは、お気持ちでお花などを入れてあげれば旅立ちの準備は十分でしょう。

※参考までに、日本では棺に白菊と色花をいれます。これには意味があり、色花は極楽浄土を表し、白菊は冥福を祈るためと言われています。

 

最後まで抱いていってあげたい・・・という方がおられますが、ぜひそうしてあげてください。

 

4. お骨を持ち帰る場合には骨壷が必要です。

 

ペット霊園や、市営の火葬場でも骨壷を用意しているところは多いですが、市営の斎場を利用する場合には事前に確認しておきましょう。 

 

※おおよその大きさ

   2寸 ➡ ハムスター・ウサギ・フェレットなど

   3寸 ➡ 猫・超小型犬など

   4寸 ➡ 小型犬・中型犬など

   5寸 ➡ 中型犬・大型犬など

 

※ 他にわからないことがあれば、お電話にてお問合せください。